医学部突破を目指すなら予備校に学費を投資せよ!

専門の予備校の違いは特別なカリキュラムで受験勉強を行う点

昨今の大学医学部の門の狭さは、尋常ではない | 専門の予備校の違いは特別なカリキュラムで受験勉強を行う点 | 1年間の費用は何年も浪人することを考えたら非常に合理的

でも、もしもその1年だけの投資で学費がかからない、もしくは国立大学に合格することが出来たらこれは6年間の大学生活という視点から考えると相当の節約に繋がるのではないでしょうか。
専門の予備校が通常のそれと違うのは、文字通り医学部に入学するための特別なカリキュラムを組んで受験勉強を行うという点です。
従ってそういった予備校は入学試験を突破するためのノウハウを熟知しています。
大学受験を勝ち抜くには、どれだけ情報を持っているかということが合否を大きく左右するということを忘れてはいけません。
例えば自分の志望校が、どういった出題傾向をしているかということは、書店に行けば購入することが可能な「赤本」を読めばある程度わかるはずです。
でも、それを何回か自分で解いたところで本番に同じ問題は出ませんよね。
そこで必要なのが、出題傾向に沿った似たような問題を何度も何度も解いて行くことです。
また、国立、私立を問わず出題傾向が似ている大学というのは存在しますよね。
そして、受験生によって得意、不得意の分野というのもあるはずです。
入学試験の日程と、なるべく自分が得意な分野を出題傾向にしている大学を照らし合わせて受験のスケジュ−ルを組む、というような作業はなかなかひとりでは時間がかかることではないでしょうか。
そういった傾向と対策を真っ向から引き受けてくれる予備校は、力強い味方以外の何ものでもないですよね。
それに、ここにはチュ−タ−と呼ばれる講師が在駐していて、講義で理解が出来なかった問題等をすぐに質問することが可能です。
ということは、わからない問題を翌日まで持ち越さないで済むということですよね。
これは受験勉強をするうえで、とても大切なことなのです。
消化不良みたいな気持ちを持っていては、ストレスが溜まるというものです。

医学部 予備校 | 医学部予備校の裏事情